社会責任

社会事業への参与は、企業として当然の責任であります。Bestway 医療グループは設立以来、社会責任を企業の任務とし、発展と専業と並行させ、様々な公益体系を構築することに尽力しております。実際の行動で社会責任を担い、より多くの方に愛の事業に参与してもらえるよう努力しております。

“関心、専門、責任”の理念を持って、Bestway 医療グループは「Bestway 明るい未来をひらく乳ガンをなくすピンクリボン基金」や「Bestway 美麗天使特別基金」の二大公益事業を設立致しました。様々な方法で社会に還元し、グループの力で貢献しております。

Bestway 明るい未来をひらく乳がんをなくすピンクリボン基金

世界の乳ガン発病率は、女性が発病する悪性腫瘍の第1位です。中国では毎年約 25 万人の発病患者がおり、世界の平均水準の 2 倍の㏿度で増加し、女性を脅かす最強の殺し屋となっています。しかし、未だに広く重視されておらず、更に支援システムも不足している状況です。

「Bestway 明るい未来をひらく乳ガンをなくすピンクリボン基金」は、女性の健康に注目し、生命健康のより良い予防及び保障を行い、専門医療サービス、健康管理、医療を創新する研究開発及び医療ビッグデータ等の強みを統合し、国内外の先進的な医療資リソース源を導入し、乳がんの早期発見と予防、治療と心理ケアサービスを提供し、適切な医療援助でサポートが必要な乳がん患者に随時、継続可能な治療をして頂き、生活品質を高め、中国の乳がん予防事業のために、尽力して貢献させて頂いております。これらの活動は、Bestway 医療グループが、中国医療健康事業に対して実践し、長期に渡り認められた活動であり、尽力すべき社会責任です。

Bestway 美麗天使特別基金

2013 年 10 月、上海市慈善基金会 Bestway 美麗天使特別基金を設立し、出稼ぎ家庭の留守児童、顔面欠損症の児童及び田舎の貧しい児童等、多くの団体へ援助をしております。希望小学校の建設、中西部地区の教師との交流計画を実施し援助をしております。今に至るまで、口唇口蓋裂、やけど、先天性心臓病、がん患者、震災被害者、田舎の貧しい児童等、多くの団体へ援助を行い、皆様に社会の温もりや関心を感じて頂き、幸福の花を隅々にまだ咲かせ、幸福な恩平を共に建設して参ります。

Bestway 医療グループのチャリティーの歩みは継続し、専門医療サービスを用いて社会責任を成し遂げるのと同時に、実践しながら理念を注ぎ込み、人間の営みを守るという慈善公共活動の一環を担い、我々と共に手を取り合い前に進み、共に愛し、共に美しくなりましょう。

企業大学

Bestway 医療グループ企業大学は、グループ全体の戦略を実現することを目標とし、グループ職能センターを設立致しました。企業大学は、企業内部の中間、高級管理職の人材を育成し、社員の終身学習を満し、企業の学習型組織への転換を実現させることを主な任務としております。

Bestway 医療グループの企業大学は、グループの竇(ドウ)丹 CEO が校長を務め、グループの賈振東人材資源チーフが常務副校長を務めております。

Bestway 医療グループ企業大学には商学院、管理学院、医学院の三つの職能の部門が設けられ、それぞれが対外マーケティングをする上で必要となる営業分野の教育と研修の開発と改善を担っております。社員に対し、仕事上での素養とスキルの研修、及び医学分野の専門的な人材の再育成を実施しております。

中国 · 上海市静安区常熟路88号 グローバルホットライン: 400 033 3153